まとまりのないひとりごと〜断捨離をはじめてからの変化〜

 

 

 

 

 

 

自分では気づかないような小さな変化の積み重ねは、のちのち大きな変化になるなあと思う今日この頃。

 

 

ほそぼそと断捨離をはじめて数年が経ちました。

 

断捨離や整理整頓やミニマリストの本を何冊か読んで、これはいいなと思うところは真似させていただき、いやいやこれはちょっと極端すぎると思うところは無視して、自分が納得できるものだけ取り入れて好きなように。


無理なくゆる〜く続けられています。

 

最近は、自分の持ち物をカテゴリー別に写真に撮ってみたあと、リストにしています。

お勤め時代を思い出してエクセルで在庫管理するのがたまらなく楽しい。。笑

 

 f:id:syufunookataduke:20170320214839j:image

 

 

 

以前までのわたしは、

 

捨てられない、

片付けられない、

いつも答えのないことに悩んでいる、

ハイとローの差が激しい、

マイナス思考でくよくよする、

他人の意見を気にしすぎる、

他人から影響を受けすぎる、

 

余計なことばかりに縛られていて…振り返るといつも肩の力が入っていてとてもしんどそうだったなあと。

 

 

最近は

 

最低限備えとけばあとはまぁなるようになるか〜

ご飯食べて寝れておつうじスッキリしてさえいれば(笑)もうありがたいですハッピ〜

 

と感じることが多いです。

もちろん生きていれば楽しくないこともあるけれど、めんどくさいことがあっても影響を受けにくく、また、立ち直りが早くなった気がします。

 

(あくまで過去の自分との比較。客観的にはまだまだだと思うけど…)

 

 

また、自分でものを家に入れるときはしっかり納得がいくまで調べてから選ぶように、買って終わりではなく修理処分するときのこともイメージするようになりました。

 

 

自然と家にはお気に入りのものが増えていて心地よい空間になるので、心からリラックスできるように。

 

 

 

自分であまり買わない分、人から頂いたものが嬉しくて貴重で心から感謝できるようになったり。

 

 

良いことばっかりです。

 

 

 

そして、1番よかったなと思うこと。

 

人に対して良い意味で

 

見返りを求めない

期待しない

執着しない

 

ようになりました。

 

見返りを求めないので与えることに抵抗がなくなる。

期待してないので相手にイライラしない、優しくなれる。 ^^

執着しないので、

相手の時間を大切にできる。

結果自分の時間を大切にできる。

 

 

元々人から

 

 

見返りを求められること

期待されること

執着されること

 

が大の苦手なわたしなので、、、、

 

自分のされて嫌なことを相手にしてしまった時の自己嫌悪の時間がなくなって、

その分、自分を好きでいられる時間が増えたことがとてもとても嬉しい変化でした。

 

 

 

 

 

 

家族であれ友人であれ、どんなに親しい相手だとしても、自分とは違う考えを持つひとりの人間であることを忘れずに。

 

生きてそばにいてくれることはあたりまえではないからこそ、尊敬&感謝の気持ちを持ち続けたいな。

 

 

 

本当に必要なものは、大切なものは、そんなに多くなくてとてもシンプルなのかもしれない。

 

無理をして、欲張りすぎて、大切なものを見失わないように。

 

何事にもいつか終わりは訪れるし、時間が限られているからこそ、今を何より大切に。